home > 新着情報

新着情報

家相に興味のない人でも
鬼門と裏鬼門という言葉は知っておられる事でしょう。


鬼門とは北東の方角。
裏鬼門とは南西の方角になります。

kimon_plane00.gif

玄関や水回りなどを鬼門と裏鬼門の方角に設けてはならないとされています。

先人達の住宅建築についての知恵を
広く普及させ、後世に伝えるための手段として
恐怖心をあおる方法を取っているのだと思います。

「夜に口笛を吹くと蛇が来る」と恐怖心に訴えると
子供は夜に口笛を吹くことはしなくなるでしょう。

それと同じですね。

ただ、家相を気にし過ぎると、決して使いやすい家にはなりません。

この先の詳しい話はこちら
 
 

京都府城陽市のI様邸は

できるだけ無駄なスペースを無くしてプランを作りました。

どんな家が完成したのか

こちらから動画でご覧いただけます。

http://www.cm-kyoto.com/reason/reason019.html

奈良市で工事中のS様邸は
先週、断熱工事が完了しました。
奈良のS様邸はセルローズファイバーの断熱
S様邸の断熱材はセルローズファイバーです。

奈良のS様邸はセルローズファイバーの断熱
ここは筋交いがありますし、
電気配線の下地もありますし、
もしこのような場所をグラスウールなどで断熱施工すると
複雑すぎて、グラスウールを綺麗に入れるのが困難です。

しかし、セルローズファイバーであれば、
隅々までパンパンに入ります。

セルローズファイバーについての詳細は
こちらをご覧ください

http://www.polaris-hs.jp/zisyo_syosai/cellulose_insulation.html

ポラリスのホームページで

「家づくりの基礎知識」をスマホ対応にしました。

スマホでもパソコンでも

画面の大きさに合わせてレイアウトが変化して見やすくなりました。

Nさんの工務店面談の様子はこちらでごらんください。

http://hmk-polaris.seesaa.net/article/435390860.html

実はNさんは建築士さんで、
10年程前まで建築の仕事をしていました。

面談の様子を動画でご覧いただけます。
(動画長さ 5分00秒)

年が明けてから奈良市のS様邸が着工。
本日擁壁工事が完了しました。

奈良市S様邸の擁壁工事

S様邸は近鉄学園前駅のすぐ近くで、閑静な住宅街にあります。

敷地は道路との高低差があり、ガレージ部分に擁壁が必要となりました。

大津市Y.S様邸のお客様の声を追加しました。

こちらでご覧ください↓

滋賀020 Y.S様邸(店舗併用住宅) 大津市 床面積33.06坪

Y.S様邸のテーマは店舗併用住宅です。
S様は以前、某大手ハウスメーカーで自宅を建てたご経験があり、
今回で2回目の住宅建築となります。。

動画で完成した家の様子と
S様へのインタビューをご覧いただけます。

昨日(11/28)お引渡しをしたS様邸は店舗併用住宅です。

Sさまにインタビューしてきました。

(動画長さ:3分34秒)

実はSさんは2回目の住宅建築になります。

10年前にご自宅を大手ハウスメーカーで建てました。

そして今回は住宅CMサービス滋賀をご利用になられ、
とても満足いただけたご様子が動画から伺えます。

弊社(株)ポラリスのホームページで公開している

「セキスイハイム」の記事をリニューアルしました。

こちら→ へーベルハウスの評判・評価・価格

9月の鬼怒川の決壊で大きく株を上げ、

横浜のマンション傾斜が大問題になってしまった

へーベルハウスの旭化成ですが、

その真価はいかがなものでしょうか?

こちらをご覧ください↓

 へーベルハウスの評判・評価・価格

9月に競争入札をしたSさんが
工務店と請負契約を交わされました。

2階リビングの家でSさんが工務店と請負契約

S様邸はLDKが2階にあるプランになっています。

競争入札の際に作成したプランでは1階にLDKがありました。
しかし、工務店と打合せを重ねていく中で現在のプランになりました。


2階リビングの場合、
最大のメリットは何といっても明るさです。

リビングの明るさを最優先で考えている人には、ぜひお勧めします。

詳しくはこちらをご覧ください。
2階リビングの家 Sさんが工務店と請負契約